可愛く残したいから!アルバム作りのススメ

子どもの写真をアルバムにしよう!

デジタルカメラやスマートフォンなどで、子どもの写真を沢山撮ったはいいものの、データがたまる一方でどう保管すればよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。折角撮った写真や貰った集合写真をそのまま放置してしまうのではなく、いつでも見返すことができるようにアルバムにまとめてみませんか?子どもの写真を可愛くまとめるためのアルバム作りの方法とその工夫をまとめて紹介します。写真を見て思い出を振り返ることができるようにしましょう。

こんなアルバム作りがオススメ

アルバムを作る際に必要なものは、アルバムにしたい写真、スケッチブック等の自由に書き入れできるもの、両面テープ、ハサミ、カラーマーカーです。写真については家庭のプリンターを使って印刷したり、現在はコンビニ等でもカラープリントをすることができるので活用しましょう。まずスケッチブックに両面テープで写真を貼り、その周囲を雑誌の切り抜き等でデコレーションしましょう。日記のようにその写真を撮った日にあったことをペンで書き込めば後で見た際に思い出を振り返りやすいですね。

愛が大切なアルバム作り

アルバム作りに決まりはありません。後々にそのアルバムを見て楽しいように作りましょう。「お姫様みたいな感じ」や「絵日記みたいな感じ」等、何か1つコンセプトを決めてアルバムを完成させるのも作っていて楽しく、見ていて楽しいですよね。子どもの成長を記録するものとして、愛を込めて作ることが大切です。子どもと一緒に作っても素敵ですね。今一度眠っている写真のデータを探し出し、アルバム作りを始め思い出を残してみてはいかがでしょうか。

瞬間を形にした物の一つが写真です。特に子供の頃の活動行事写真は、卒業アルバムやスナップ写真などに収められています。学業に関わる活動行事を写した物が、学校写真です。