どんなイメージ?挙式スタイルを選ぶ大切なポイントは?

挙式スタイルを決める時に注意すること

結婚が決まって結婚式へ向けての準備が始まると、挙式のスタイルが気になりますね。挙式のスタイルによって花嫁衣装も異なります。自分たちの挙式のイメージをつかむこともポイントのひとつです。ただし、結婚をするのは自分たちでも、挙式のスタイルについては両家の親御さんの意見を確認しておくことが必要です。親の考えや信仰している宗教がある場合は、自分たちの希望通りにならない可能性もあります。また、会場の設備に合わせた挙式のスタイルを選ぶという方法もあります。

どんな挙式スタイルがあるの?

挙式のスタイルには「キリスト教式」「神前式」「仏前式」「人前式」と大きく4つに分けられます。ウエディングドレスでバージンロードを歩く教会での挙式に憧れる方も多いのではないでしょうか?街の教会では信者のみで儀式を行うことが多いのですが、ホテルや結婚式場であれば信仰に関わらず会場に設けられたチャペルでの挙式が可能です。またレストランなどでは、祭壇を設けて行うことが多いようです。その場合は牧師或いは神父を依頼することになります。

伝統の挙式スタイル?形式にこだわらないスタイル?

僧侶を招き主に親族で行う仏前式は、信仰に熱心な家や檀家の場合が多くみられます。伝統的なスタイルで親族を中心に参列して行う神前式は、新郎は紋服、新婦は白無垢の衣装で厳かな雰囲気の中で執り行われます。神社での挙式だけでなく。ホテルや結婚式場の会場内でも挙式はできます。この頃は形式にこだわらない人前式も人気です。挙式をする場所はレストランやゲストハウスでもOK。招待客に立会人になってもらうなど個性的な挙式スタイルを演出できます。

神戸の結婚式場は、海にも山にも恵まれた立地が人気です。また、歴史的な建物や洋館の邸宅などが多数存在し外国風やハイセンスな結婚式が挙げられます。ホテルが多数あり、観光名所もありゲストにも喜ばれます。